読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

うらやましさ、のようなもの

今までの仕事絡みを振り返ると、圧倒的に年上とばかり付き合っていた。

 

 

基本的に、他人が何をしたか(DO)にはあまり興味がない。

なぜそうしたのか(WHY)、どのようにしたのか(HOW)のほうが、断然聞きたい。

 

でも若い人と仕事の話をすると

「自分はこんな仕事をした(どうだ、すごいだろう)」という話が多いように思う。

これがもっと上の世代、40代より上の人になると

「あの時はこんなことを思って仕事をしていた」

「こういうことをしなければいけなかったから、ここを工夫をした」

という話になったりする。

 

どちらも自分の仕事へのラブで、それは微笑ましい。

だけどやっぱり、私が聞きたいと思うのは後者だ。

その人が考えていることを知りたい。

 

 

前置きが長くなった。

そんな理由でベテランの方と多く話したり飲んだりしてきた私が、

最近若い人に対して思うことが変わってきた。

 

あなたには未来がある。

あなたは何にでもなれる。

 

そう感じるようになった。

 

たまたま最近ハイレベルな若者と知り合えただけ、かもしれない。

子どもを持ったから、若者には制約がないように感じるのかもしれない。

単純に私が年を取った、きっとそれもある。

 

私も努力した若いころがあった。

でも、何かもっと必死で余裕がなかった気がする。

親のこと、自分のこと、人間関係のこと、

いろんなコンプレックスを叩きつけるように仕事をしていた。

いま私の周りにいる優秀な若者たちは

楽しんで仕事や勉強をやっているように見える。

 

楽しくなければ続かない。

最近ほんとうにそう思う。

広告を非表示にする