IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

平和と不満

ブログを書くというのは、不安的なときのほうが捗るように思う。

 

復職して半年が過ぎ、将来への不安は相変わらずあるものの、

人は慣れてしまう生き物だなあと思う。

 

保育園のお迎え時間がぎりぎりだからと焦って駅まで歩いていたのを

今は普通に早足で歩くだけになった。

 

書き留めておきたかった逡巡までが馴染みのものになってしまって

すっかりブログから意識が離れていた。

この見事な3日坊主体質。

 

新しくやりたいことは日々増えていって、優先順位を付けないとどれも思うだけで終わってしまいそうだ。

一人でもやれること。もし会社を辞めても続けられること。

社員でいるうちにやらなければ意味がないこと。

会社を辞めても食べていけるかもしれない可能性のためにすること。

 

そして、もっと子供といられたらいいのに。

 

たぶん今は復職が当面うまくいっていることに油断せず

あるかもしれない次の産休に備えて、

または来たるべき小4の危機に備えて、

いろいろなことをしなければいけないのだろう。

 

じゃないと、数年後の自分が困るだけだ。

広告を非表示にする