読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

否定しあったって仕方ない

たとえばベビーカーVS抱っことか、母乳VSミルクとか、専業VS兼業とか。

それぞれに特徴があってメリデメがあるようなものを比べて
どちらかを否定するのは意味がないと思う。

自分にとってどちらかが良いとしても、他の人にとってはもう一方が良いこともある。

ほんとうは違うやり方をしたくても、できない事情があるときもある。

でもなぜか育児関係は信仰みたいなものがあって、対立や論争が起きやすいような気がする。

以前もそんなエントリを書いていた。

espam.hateblo.jp

 

また最近見てしまったのは、小さな子を持ち働く人の間での、小さな否定だった。

実家のそばに住み、子どもをしばしば預け残業や飲み会もこなす人が
「うちはちゃんと計画的に実家のそばに住んでいるんだから」と言った。

きちんと計画を立てるのは素晴らしい、それを実行することも。

でもそれは誰にでもできることではない、ということを
その人はあまり考えていないように見えた。

 

その人から見たら、子どもを理由に飲み会を断る私は
計画的ではない人なのかもしれない。

そう言われたことはないけれど、言われても否定できない。

 

他の場所では、「親に預けっぱなしで好きなことをして」というような批判も聞く。

夫が激務で頼れず、親も近くにおらず、専業でほぼ一人で子どもを見ている人なら
親に気軽に頼れることはうらやましくもあり、甘えているようにも見えるかもしれない。

 

それぞれ違う家庭環境や事情があり、母親の性格や適性も違っていて、
羨んでも否定してもしょうがない。

本気で変えたいと思うなら、故郷にUターン転職するとか、やりようはあるのかもしれない。

でもそれもしないなら、今の環境を少しでも良くしていくしかないし、
「自分が持っていない何か」を持っている人を攻撃したって仕方ないのだ。

働く私はこれからも、誰かからの批判を受けるのかもしれない。

子どもを置いて働くなんて、とか。

会社に迷惑を掛けるなら辞めてしまえ、とか。

それでも浴びせられた批判を、相手への批判で返すことだけはするまいと思った。

広告を非表示にする