読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

第一子誕生のあと、復職を考えている人へ伝えたいこと

一年ちょっと前の自分を思い出しながら書いてみる。

あの頃、私にこんなことを言ってくれる人がいたらどんなに心強かっただろう。

 

最初に伝えたいこと

これから出産という未知の体験を乗り越え、仕事に戻ることは
とてつもなく大変なことに思えるでしょう。

でもそれに立ち向かうより前に、あなたが直面するかもしれない最初の困難があります。

それはたいてい、善意によって言われる次のような言葉です。

「まだ小さい子どもを預けるなんてかわいそう」

「小さいうちは母親の側にいるほうがいいのに」

「子どもが小さいうちは、自分のやりたいことは我慢するべき」

 

世間の無責任な声なら無視できます。

でもこれらは、自分の親や配偶者の親、そして配偶者本人から言われることもあるのです。

 

あなたの決断に自信をもってください。

周囲の人が味方になってくれるように、あなたの考えを伝える努力をしてください。

特に配偶者とはよく話し合う必要があります。

復職後の働き方や役割分担についてもなるべく具体的にイメージしてみてください。

 

やっぱり子どものそばにいよう、と思ったらそれでいいのです。

でも「かわいそうと言われたから…」と復職を諦めることはちょっと待ってください。

三歳児神話 に惑わされる必要はありません。

仕事に戻ることはあなたのわがままではありませんし、
子どもの存在を軽視することでもないのです。

 

どうかあなたを挫けさせようとするものに負けないでください。

 

広告を非表示にする