読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

親を頼らない子育ての実情 ~お金編

親を頼らない実情シリーズ

親を頼らない子育ての実情 ~産後編 - IKISG

親を頼らない子育ての実情 ~保育園編 - IKISG

親を頼らない子育ての実情 ~休日編 - IKISG

親を頼らない子育ての実情 ~休日編2 - IKISG

親を頼らない子育ての実情 ~お金編

-----------

 

一連の記事は今回で終わるつもりだが、最後はお金について書いてみる。

 

結婚して以来ずっと、親からの金銭援助は受けていない。

自分の親からはたぶん就職以来だ。

出産祝い、誕生日のプレゼントをもらったくらいだろうか。

 

幸い自分も夫もフルタイムで働くことができているし、子どももまだ小さいから
金銭的に逼迫した状況ではない。

だから親から金銭援助を受けることは考えたことがないし、たぶん夫も同じだろう。

(具体的に困ったら気持ちが変わるかもしれない)

 

夫の両親には、何かがあったら頼れるだけの生活基盤があるかもしれない。

でも、独立精神が人一倍旺盛な夫はきっと、親に頼ることをよしとしないだろう。

自分の親は金銭面で頼りないから、頼る場面はきっと来ないだろう。

 

親からの経済的援助にはどうも縁がなさそうな気がする。

そして、それでいいとも思っている。

人に頼るのはどうも苦手だ。それが親であったとしても。

 

 何故そう思うのかを考えたら、

子どものころ家が貧乏だったからではないかと気づいた。

長くなりそうだから別の機会に貧乏の話を書いてみたいと思う。

 

広告を非表示にする