読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKISG

都内在住、IT職フルタイム、1児の母。親に頼れず、夫は多忙のワンオペ育児。巷のメディアに取り上げられるワーキングマザーはスーパーウーマンすぎて身近に感じられない。普通の人でも、親に頼らなくても働くにはどうしたらいいのか考えています。生後5か月の子を認証園に預けて復職し、1歳で認可園に転園。復職から3年ほどの人が書いています。

復職で失ったものと得たものについて

復職のこと 子どものこと

子どもがいるから自由に残業できない。

加えて、夫が激務だから休日出勤もあまりできない。

頼れる親兄弟が近所にいるわけでもないから

子どもが熱を出したら仕事を休むしかない。

 

もう今までのようには働けない。

家事も今までのようにはできない。

できないことだらけだ。

復職してからずっと、自分を何か欠けた存在のように感じていた。

 

でもそれは違ったのかもしれない、とこの週末にふと思う。

 

仕事への思いは今まで以上に、ある。

残業できないぶん、周囲に迷惑をかけないための進め方をいつも考えている。

 

子どもは近頃、自分でできることがどんどん増え

新生児のころのような理不尽な泣きも少なくなり、

楽しそうに日々を過ごしている。

コミュニケーションが取れていると思うことも増えた。

 

そんな子どもを見ていると途轍もない力をもらえている気がして

私は何かものすごく貴重なものを手に入れたのではないだろうか、という気持ちになる。

こんな素晴らしいものを持っている私が、

欠けているなんてとんでもない。

 

 

残業があたりまえの業界で、

残業が自由にできない私を半人前扱いしたがる人はいるだろう。

でもそんな人に、残業の有無で計る人に

仕事を認めてもらわなくてもいいではないか。

 

子どもがいなかったら自由に働けたかもしれない。

でも、私はもうそんな生活など欲しくはないのだ。

 

 

時間はない。

けれど、子どもがいなかったころよりも

自分の勉強の時間、会社のために使う時間は増えた。

合間にこのブログも書いている。

 

自由に動けず、制約が多く、時間もない。

それが武器になることもあるのかもしれない。

 

広告を非表示にする